タカラの馬場 – レーシングサークル – 歌川広重

タカラの馬場   レーシングサークル   歌川広重

広重は1636年に尾張の家の領土で3人目の射手家エミウの命令によって建てられた、江戸の北西郊外にある訓練競技場の1つを描いています。長さは650メートル、幅は55メートルでした。トレーニング侍だけでなく、弓道大会やぶさめもありました。

革で覆われた円形の標的のイメージは彫刻の最前線に押されます、矢はそれの隣にあります – 彼らはポイントが布で包まれたので、彼らは標的を突き刺しませんでした。右側には3人の射手が射撃しています。シートの中央、背景に2人の騎手がいて、彼らは地面を囲む道を走っています。競技場の南には、神に捧げられたアナイリマングの神殿 – アーチェリーの守護者がいました。各将軍はかつて彼の治世中にここでアーチェリー競技会を開催しました。

アリーナの北側には、風から守られて松が植えられていました。木陰で茶屋やレストランの屋根が見えます。地平線上で、富士コーンは白くなります。彫刻の初期のバージョンでは、左側の手前の木は後のものよりはるかに濃いです。この場合、後期の葉の全体的な風味はより飽和状態になりました。正方形のカルトゥーシュの色も変わりました。黄色ではなくて灰色がかった青に変わりました。



タカラの馬場 – レーシングサークル – 歌川広重