セーヌ川のほとり – クロード・モネ

セーヌ川のほとり   クロード・モネ

写真の中のクロード・モネは、彼がある時点である場所で経験した視覚的印象を再現しました。これが印象派の主な考えであり、芸術家は常に忠実でした。

自然を代表して、モネは常に色の組み合わせの楽しい調和を見つけようとしました。彼の風景の中にはジャンルの始まりはありません – これはマスターの純粋に審美的な認識です。クロード・モネは、色とりどりの調和のユニークな色の組み合わせを伝えるために、さまざまな州の自然の一つの物体の一連の絵を描いた。彼は世界の多様性、多様性および独自性を捉えようとしました。

キャンバスには、「瀬の海岸」が曇りの秋の日に捉えられています。葉はまだ完全に木から飛んでいません。空は絶望的に灰色の雲で覆われています。川の滑らかな表面は穏やかで穏やかです。背景には、セーヌ川に架かる橋と植物の喫煙パイプがある都市の建物の輪郭が見えます。

前景はまだ緑豊かな芝生と海岸の一部を示しています。絵の中で計画されたものを移すために、芸術家は異なるテクニックを使います。川岸が広いペースト状の筆跡で書かれている場合、背景では筆跡はほとんど区別されません。最初のプランのカラーリングは暖かく、背景は寒いです。これは空域を感じることを可能にします。



セーヌ川のほとり – クロード・モネ