スルゲイト – 歌川広重

スルゲイト   歌川広重

日本橋近くのスルゲート地区からは、富士山と将軍の城の素晴らしい景色が見えました。この場所は町民の間で非常に人気がありました。広重は彫刻のために直線的な遠近法を用いた明確で対称的な構成を選びました。シートの一番上に配置され、様式化された雲のストリップ「gendzigumo」で区切られた富士山は、遠くに伸びる通りの矢印として線の両側に描かれている、織物店Etigoyで有名な商店街の日々の喧騒の上に上がります。三井家に属するこれらの店は、商取引におけるいくつかの革新のおかげで繁栄しました。

店のオーナーはクレジットで売ることを拒んだ。彼は、彼らの借金を払うことを定期的に「忘れていた」ダイミオスとの貿易を減らすことを決心し、市民にもっと焦点を合わせるようになりました。着物で大きな布で生地を販売することに加えて、Mitsui Hatirobeiは異なる長さのカットを販売し始めました。越後屋には独自の紋章があり、広重はその幕に描かれていた。

詩の行は三井物産のお店の人気について話しています。これら2つの彫刻を比較すると、2番目のバージョンでは、アーティストは一般により彩度の高い色を使用していました。明るい色の雲に注意が向けられていますが、後のシートではほぼ黄土色になっています。



スルゲイト – 歌川広重