スリコフ・ヴァシリー

Boyarynya Morozova – ヴァシリー・スリコフ

Vasily Ivanovich

サロメは彼の母親のIhorodiadeにバプテスマのヨハネの頭をもたらします – Vasily Surikov

ヘロデはジョンを送って連れて行き、彼を兄としたフィリップの妻ヘロディアのために刑務所に入れました。ジョンはヘロデに言った、「あなたはあなたの兄弟の妻を持ってはならない」。ヘロディアは彼に腹を立てていたので彼を殺したかった。しかしできなかった。ヘロデはヨハネを恐れて、彼が義人であり、聖人であることを知っていたので、彼は彼を世話した。彼は彼に耳を傾けるために多くのことをし、喜んで彼に耳を傾けました。 ヘロデがその誕生日の時に、彼の壮大さにガリラヤの千人隊長や長老たちにごちそうを与えたのは、便利な日だった。王様は乙女に言った、「あなたが何をするのか私に尋ねなさい。そして彼は彼女に誓った。あなたが私に尋ねるものは何でも、私はあなたを、私の王国の半分まででさえも与えよう。彼女は出かけて、母親に尋ねた。何を求めるべきか?彼女は答えました:洗礼者ヨハネの長。そして彼女はすぐに王様に急いで行って言った、「今、私はあなたに洗礼者ヨハネの頭を皿にあげてほしい」と言った。

雪の町 – Vasily Surikov

スリコフの絵「雪の町を撮る」は、楽しさと喜びに満ちています。それは明らかに休日のために集まった多くの人々を表しています。アクションは、空き地で、おそらく大きな空き地で行われます。ここは平らな場所で、背景には雪をかぶった山々や丘が見えます。芸術家は休日の祭典を描きました、そして、その地域のすべての住民はそれに来ました。 アクションは、雪の要塞を構築するために子供たちの楽しさを彷彿とさせます。建物は大きな雪の塊でできていることがわかります。この構造は馬に乗ってライダーを壊します。ライダーは高い毛皮の帽子をかぶっています、そして馬は黒いたてがみを持つ暗い色です。彼は蹄で雪の壁を破ります。雪の砦の前には、手に棒がついたそりの男が描かれています。ほとんどの場合、彼の近くにはまだ人がいます。彼らは要塞を守っています。ライダーの後ろには、棒を手に持っている陽気な人々がた​​くさんいます。彼らは要塞をつかむようになった。「雪の街を撮る」ことは、すべての人にとってとても楽しいことです。あるグループが雪の要塞を守り、別のグループがそれを破壊しようとします。

キリストによる盲目の癒し – Vasily Surikov

盲人とキリストとの出会いはますますスリコフを魅了しました。彼は突然救い主が安息日に人々を癒した理由を理解しました。パリサイ人の気持ちを侮辱するな。そして安息日の本当の意味を示すために、主がその造られた世界を人の世話のために手渡した、彼の働きから離れた日。 この意味は、隣人への愛が安息日を主の日に変えるものであるという事実にあります。スリコフが「慈悲深いサマリア人のたとえ話」と書いたとき、イエスはその質問に答えます。1893年2月、XXI巡回展がサンクトペテルブルクで開かれました。長い間広く観客に写真を見せなかったVasily

寺院からの商人の追放 – Vasily Surikov

そして、イエスは神の宮に入り、神殿で売買したすべての人を追い払い、両替商のテーブルと売っているハトのベンチをひっくり返し、彼らに言った。あなたは彼を強盗の巣窟にした。マシューの福音書

Sibiryachka – ヴァシリー・スリコフ

鏡の前の女性。この単純な物語は、何世代にも渡る芸術家に影響を与えました。誰もが彼の中に自分のもの、特別なもの、他の人には見えないものを見つけた。 作者は真にロシアの女性の美しさのサンプルを鑑賞者に提示します。贅沢な、太い髪、青い目の美しさは慎重に彼女の反射を調べて、彼女が新しい服装のために設計された、紺色の布地になっている程度を評価します。赤みを帯びた髪、白い体、ふっくらとした唇、深い瞳、胸がいっぱい

ニカエアの最初のエキュメニカル評議会 – ヴァシリー・スリコフ

モスクワの救世主キリスト大聖堂のためにスリコフによって作成された4つの巨大な作曲は、一般的に言って、誤解の結果でした。芸術アカデミーを終えて、若い芸術家は大きい金メダルを得て、そしてアカデミーの年金受給者として –

朝Streltsyペナルティ – Vasily Surikov

“朝Streltsyペナルティ” –

サンクトペテルブルク – ヴァシリー・スリコフのピーター1世の記念碑の眺め

スリコフの最初の独立した写真。それは美術アカデミーで勉強の最初の年に、しかし学術研究の外に書かれました。この絵の中で、芸術家は首都の彼の最初の印象を体現しました、その美しさに驚きました。彼は元老院広場のプロポーションを正確に感じ、二重照明 –

金持ちとラザール – ヴァシリー・スリコフ

何人かの人々は、金持ちで、紫色と上質のリネンを身に着けていて、毎日見事に食事をしました。ラザロという名前の物乞いもいました。彼はかさぶたの中の門に横たわっていて、金持ちのテーブルから落ちてくるパン粉を食べたいと思っていました。 物乞いは死に、天使たちによってアブラハムの胸に運ばれました。金持ちは死に、彼らは彼を埋めた。そして地獄で、苦しみながら、彼は見上げ、遠くにアブラハムを見、ラザロを彼の胸に抱いて泣いていた、と言った:私を憐れみ、ラザロを送って、彼が指の先を水に浸して私の舌を冷やすことができるように。