スペイン – ミハイルヴルベル

スペイン   ミハイルヴルベル

Vrubelはたくさん旅をしました – Mamontov一家と共に彼はイタリア、フランス、ギリシャを旅しました。彼の帰国時に彼は二つのパネルを書いた – “ヴェネツィア”と “スペイン”。これはジャンルの絵画ではなく、スペインやヴェネツィアの一般的なイメージです。

絵画 “スペイン”の美しさ – ヴルベルの最も完璧な絵画の一つ。赤紫色とオリーブ色の基本的な色調は、豊富な色合いで表現されています。部屋の薄紫色の夕暮れと窓の外の明るく晴れた日のコントラスト、窓から落ちる太陽に突き刺された女性の輝くスカーフは、明るい効果を生み出します。

絵の陰謀では、芸術家は確実性を避け、戻ってきます。これら3人を結び付けるものは不明ですが、ここに人間関係の結びつきがあると感じられます。目をそらして見る人に向いている少女は、堂々とした荘厳な姿、輝くスカーフで囲まれた美しい卑劣な顔をしています。

少女は凝視してまっすぐ正面を向いています、しかし、彼女の凝視は心理的に解読されません – それには何がありますか:怒り、忍耐、決断、拒絶または上訴の痕跡?少女は外向きに落ち着いていますが、落ち着いた顔と落ち着いた姿勢を通して精神の狼狽が識別されます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

スペイン – ミハイルヴルベル