ジョセフと赤ん坊イエス – グイド・レニ

ジョセフと赤ん坊イエス   グイド・レニ

イタリアの画家Guido Reniによる絵画 “Joseph and baby Jesus”。絵の大きさは126 x 101 cm、キャンバスに油彩。イエス・キリスト、ヨセフ、マリアの生涯についての福音物語のプロットは、次のように明らかにされています。彼の誕生はガリラヤの町ナザレの聖母マリアに現れ、聖霊の働きによって素晴らしく想像される息子がいると発表した天使ガブリエルによって予測されました。この同じ天使は、名前では命名されていませんが、ユダヤ王朝の貧しい相続人の中から未来の赤ちゃんの養子であるジョセフ・ザ・ハンドラーに夢のように現れました。

旧約聖書の予言によれば、メシアニックの王は、伝説的なダビデ王の町、ベツレヘムのユダヤの国で生まれなければなりません。メアリーに子供を期待させ、ジョセフがベツレヘムに行かせた暫定的な理由は、ローマの職業当局が発表した人口調査です。

そこでは、ベツレヘムで、イエス・キリストは生まれました – 「彼はホテルに居場所がなかったからです」。ヘロデ王、マリア、ヨセフから赤ん坊のイエスを救ってエジプトへ逃げ、そこで彼らはヘロデの死まで残りました。

それからナザレで過ごした年数は一般に不明瞭さに囲まれています。イエス・キリストが大工の技を学んだと報告されています、彼がエルサレムへの家族の巡礼の間にユダヤ人の宗教的成熟に達したとき「そしてそれ以外は、彼はマリアとヨセフに「従順」でした。



ジョセフと赤ん坊イエス – グイド・レニ