シバウラの入り江。絵画、グラフィック、日本のモチーフ、風景 – 歌川広重

シバウラの入り江。絵画、グラフィック、日本のモチーフ、風景   歌川広重

シバウラ – 汐留橋からタカナバ地区までの海岸。広重はその一部を描写しており、そこではシンブシガワ川がエドスキー湾に流れ込んでいます。17世紀前半まで、葦がここで育った、領土は鷹狩りのためのお気に入りの場所でした。4人目の伊屯将軍の弟、舞台平綱生がこれらの土地を受け取り、ここに城を建てました。

6番目の将軍になった彼の息子Ienobuは、Edozeの城に引っ越しました。その後、この城は浜郷として知られるようになり、将軍の住居の一つとして残った。彼はシバウラの北岸にいました。右側の彫刻では、その領土の石積みで強化された沿岸と松の間の深さにあるいくつかの建物を見ることができます。その領土からオディバ要塞とタカナバ海岸の景色がありました。遠くには、貨物船が湾に見えます。水の左手前景には2本の木の柱があり、それによって湾の水位が決定されました。彼らは貨物船のフェアウェイをマークしました。葉の前景はユリカモメ – 黒い頭のカモメの群れによって占められています。

後期の彫刻では、牛の色が変わります。今度は濃い青の帯がシートの下端を通過し、波の青い輪郭が前景に現れます。木々の冠はより暗くなり、地平線の夕日の帯はより激しくなります。



シバウラの入り江。絵画、グラフィック、日本のモチーフ、風景 – 歌川広重