シバウラのカナスギバシ橋 – 歌川広重

シバウラのカナスギバシ橋   歌川広重

シバは沿岸地域で、北の汐留橋から南のタカナバ地区まで伸びています。この場所の古川は、名前を金杉川に変更しました。東海道と古川河口の交差点には、金杉橋がありました。以前は、金杉崎の浅瀬があり、江戸に新鮮な魚を供給していましたが、彼女はその地域全体の名前を付けました。彫刻では、金杉橋の手すりの縁が見えます。遠くには築地本願寺の屋根が見えます。橋は本門寺への訪問者によって交差されています。

毎年10月10日から13日にかけて、この寺院で、日蓮宗の創始者である日蓮の死の日を祝う式典が行われました。前景には巡礼者によって運ばれる高い棒があります。左側の竹製の棒には手ぬぐいタオルがあり、その上にニチレンスという文字が刻まれています。それは、その中にマンダリンの枝の形のパターンで、単語 “well”の最初の象形文字から成る宗教的な協会のサインが先行しています。右側には、傘の形をしたランタンと蓮華の言葉の入った旗があります。

左隅の柱にはシリーズの出版社の名前、Uoy Eykichiがあります。このシートの後の版では、全体の色調が強調され、明るく表現力が増しています。また、左の竹製の棒からぶら下がっているてんぐりタオルの色が赤から青に変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

シバウラのカナスギバシ橋 – 歌川広重