システィーナ礼拝堂 – ミケランジェロ・ブアナロッティの内部

システィーナ礼拝堂   ミケランジェロ・ブアナロッティの内部

ミケランジェロが教皇ユリウス2世からシスティーナ礼拝堂のためのフレスコ画の注文を受けたとき、そのデザインは当時のほとんどの教会の金庫室と変わらず – それは青い背景に輝く星で散らばっていました。

ジュリアス2世は、12人の使徒たちの姿を書いて、天井自体を適切な飾りで覆うことをアーチの間で提案しました。しかしミケランジェロは教皇ユリウス2世が彼の計画の失敗を確信し、完全な創造的自由を得た。

絵画の天井の芸術は古くから知られていましたが、徐々に忘れられることが判明しました。彼への関心は15世紀の終わりに初めて現れました。そのような最初の絵は、まるで部屋の内部を開くかのように、Andrea Mantegnaによってマントヴァで作成されました。このために、彼はパースペクティブ “suot in in su”を使用しました。そこでは、すべての人物が視聴者の上の空間に浮かんでいます。

100年後、Annibale Karrachiはファルネーゼ宮殿で同様の手法で働きました。18世紀に、Giovanni Battista Tiepoloはフレスコ画と油の技法で作られた装飾的な天井と壁画を数多く作りました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

システィーナ礼拝堂 – ミケランジェロ・ブアナロッティの内部