システィーナマドンナ – ラファエルサンティ

システィーナマドンナ   ラファエルサンティ

ラファエロは1513年にピアチェンツァのサンシストの修道院教会の主祭壇のためにこの絵を描いた。しかし、それは修道士によってではなく、ラファエロがローマで働いていた教皇ユリウス2世によって命じられました。

横に押し出された緑色のカーテンが、舞い上がる雲に沿って歩くマドンナと子供を観客に開きます。背景にある明るい雲は、マドンナの周りに輝きのように見え、小さな天使たちの頭で構成されています。神の母の左側には、3世紀に住んでいた聖シクストゥス、殉教者、教皇が見えます。ティアラは、父親としてのSixtをポイントの下に置きました。

聖シクストゥスの聖母に目を向けると、絵画の前にいる信者たちが、マドンナの恵みを表していることが指摘されているようです。同時に、私たちはその絵が実際には教会の祭壇のためであり、博物館の展示のためではないことを意図していることを思い出します。写真の右端には、3世紀に住んでいた殉教者でもある聖バーバラがひざまずいていました。彼女は彼女の肩越しにマークされた塔に投獄され、後で信仰のために首を切られました。

二人の天使たちが乗る欄干は観客と天国の舞台との間の線として押し進められ、再び現実の球と超自然的な球との間の距離が強調されます。聖シックスの名前の名前を与えてラファエロがこの作品を書いた順序で、教皇ユリウス2世に似た肖像画を持っています。ティアラの頂上にあるドングリは、デラロヴェーレ家の紋章にも描かれており、そこからジュリアス2世が降りてきました。セントバーバラはこの家で特に崇められていました。

これらの事実は、絵がもともとJulius IIの墓石のために意図されていたものであるという今日の理論に基づいています。以下に描かれた欄干はこの理論に従って教皇の石棺を指定するべきである;この場合、聖人のしぐさは信者とマドンナの間を仲介せず、死んだ教皇を指し示す。

この絵は、ルネサンス時代の芸術的願望の最も明確な具体化の1つです。これは、15世紀の芸術家たちの絵画に新たな強度の征服現実があり、バランスのとれた調和と高尚な理想を求めることを目的としたものです。絵画の性質は同時に雄大で人間的であり、その内側の壮大さはあらゆる形態を決定します。その構成はピラミッド型であり、深い平和に満ち、わずかなジェスチャーと一見によってアニメーション化されます。色、フレスコ画、光に似ています。



システィーナマドンナ – ラファエルサンティ