サンティラファエル

聖母マリアの婚約者 – ラファエル・サンティ

偉大なラファエルサンティの初期の創作期における最も有名な作品の一つ。画家は1504年に有名な聖書の物語を描いた絵を完成させました、そしてそれはラファエルが並外れた珍しい才能の確立されたマスターとして名声を得たこの仕事からでした。この作品は、ラファエルが長年勉強してきたスタジオで、ペルジーノの影響を明確に示しています。絵は理想的な対称的な構成によって区別されます、その一方で芸術家は何とか革命的な新しいことを聖書の標準的なプロットに持ち込むことができました。 画家のマリアとヨセフは、慣習的に寺院ではなく、広場の中央に描かれました。周囲の風景全体が二重の意味で浸透しています。一方では、光が輝く通り抜け通路を持つ堂々とした寺院は神の祝福を象徴し、他方では構造は観衆に地上と天の間の視覚的な障壁として現れ、活気のある地域は寺院の向こう側の孤独な美しい景色とはっきりと対照的です。すべての演技ヒーローには静力学が欠けています

Madonna Ansedey – ラファエル・サンティ

ラファエルサンティによる祭壇画 “Madonna

リトルマドンナカウパー – ラファエルサンティ

写真は、その比較的小さいサイズのためだけでなく、その名前が付けられました –

洗礼者聖ヨハネの説教 – ラファエル・サンティ

研究者たちは、これがペルージャのマドンナ・アンシダのプレダラから私たちにもたらされた唯一のイメージであると示唆しています。 文字の装飾的なスタイルと構成の構築における若干のスケッチは、若いラファエルが現時点で彼の先生ピエトロペルジーノによって影響されたことを思い出させます。

男の子の頭 – ラファエルサンティ

ラファエルのこの魅力的な肖像画は、ペルージャのマナーに特徴的な鮮度と純度に溢れていて、Morel-liを含む何人かの作家によって挑戦されています。 現在、ほとんどの専門家が彼をラファエルの初期の作品として分類し、1502年から1503年に書かれたバチカンの聖母戴冠式との彼の関係をたどっています。タンバリンとエンジェルの予備的研究とのいくつかの類似点も注目されました。A.

聖セシリア – ラファエルサンティ

“聖セシリア”はアントニオプッチ、フィレンツェのプレレートと親友レオXの仲介を介して祝福されたエレナDuloli dal

マドンナコロナ – ラファエルサンティ

「Madonna Colonna」はローマの王の教皇の姓を称えてそのように命名されました。木の上のこの絵はおよそ書かれていた。1508年、おそらくこれは永遠の都で作成された、マスターの最初の作品です。絵の淡い色調は、それが完全に完成していないかもしれないことを示唆しています。

ホーリーファミリーカニザニ – ラファエルサンティ

ラファエル・サンティによる絵画「聖家族」カンジャニ。写真のサイズは131 x

Jeanne de Aragon – ラファエルサンティの肖像

昔の情報源では、絵は「ドナ・イザベル・ド・リセッセンスの肖像、ナポリの副女王」と呼ばれていました。Vasari氏は、Rafael氏が顔を書いたのに対し、Giulio Romano氏は予備段ボールのモデルの特徴を明確にするためにナポリにいたと述べています。

セントジョージとドラゴン – ラファエルサンティ

1504年にイギリスから来たヘンリー7世のためのカスタムメイドの絵、グイド・ダ・モンテフェルトロ、ヘルツォーク・ウルビーノはラファエロに聖ジョージの絵を王への贈り物として描くことを許可し、それをイギリスに届けたと告げました。セントジョージはクリスチャン聖人の中で最も人気のある人の一人であり、イングランドの守護聖人です。 彼はまた、彼がドラゴンを殺すことを描いたルネッサンスの芸術家のお気に入りの主題でした。伝説によれば、この怪物は街の壁の外の湿地帯に住んでいた、そして彼の激しい息で、彼に近づいた誰かを毒することができた。龍をなだめるために、市は毎日数匹の羊を彼に与えました。しかし、すべての羊が駆除されたとき、市民の息子と娘が次の犠牲者になりました。