サロメ – Titian Vecellio

サロメ   Titian Vecellio

聖書の伝説によると、サロメはユダヤ人の王女、ヘロディアの娘、ヘロデ王の継娘です。ヘロデ王はヘロデを非難したために預言者バプテスマのヨハネを投獄しました。しかし、預言者ヘロデの実行はあえてしませんでした、なぜなら彼は人々の間で非常に人気があったからです。

ヘロデの誕生日の機会に宴会に出たとき、継女のサロメは彼女のダンスで彼女の義父をとても喜んだので、彼は王国の形の贈り物まで彼女の要求のうちのどれでも満たすことを約束しました。サロメは彼女の母親と相談しました、そして、彼が彼女が恋人であることを強く非難したので、バプテスマのヨハネを激しく憎んだヘロディアスは、ヘロデに預言者の頭を頼むように彼女に言いました。

その命令に従順に、サロメはヘロデにバプテスマのヨハネの首長を頼みました。ヘロデは彼の義理の娘の要求を恐れていますが、女の子のこの欲求を満たしています。



サロメ – Titian Vecellio