サメスカイガンビーチと南品川 – 歌川広重

サメスカイガンビーチと南品川   歌川広重

品川駅からTatikava川の河口までのエドスキー湾の広いパノラマ。鳥瞰図から見ることができます。ただし、左側の手前に漁師がいる船は除きます。双頭のつくばやが作曲を完成させる。左の2番目のヨットの後ろに品川地区があります。その南部の下には「鮫の浅い」を意味するサメエズの海岸が始まった。その名前はサメを捕まえた漁師の古代の伝説と関連付けられており、その腹の中で彼は菩薩観音の彫刻を発見しました。

続いて、サメが捕まった場所の近くに、カヤンジ寺院が設立されました。その建物は、暗い木々のうねりの後ろ、左側の彫刻にはほとんど見えません。西では、サメズは東海道を通過した。しかしほとんどの地域は食用海藻の農園で知られていました。群れの底には長い幹の木がくっついていました。左側の彫刻に示すように、冬に収穫された作物。後期彫刻のBocasiストリップは右に走り、川の曲がりを補強します。筑波山の頂上は青く着色されています。地平線上の定型化された雲は白灰色に変わり、初期のバージョンでは黄色でした。



サメスカイガンビーチと南品川 – 歌川広重