サクレクール寺院とサンラスティック通り – Maurice Utrillo

サクレクール寺院とサンラスティック通り   Maurice Utrillo

サクレクール寺院はユトリロのキャンバスの上に恒久的な “英雄”の一つです。芸術家はこの教会を年の異なる時期の様々な場所から何度も書いたが、彼は特に積雪の効果を利用するために冬にそれを描くのが好きだった。

彼の絵のいくつかにおいて、大聖堂は推測されているだけで、時にはそれがすべての建物を支配しています。この効果は、大聖堂を取り囲む家のように、芸術家がドームを目立つような輪郭で囲んでいないという事実によって達成されました。絵は「色の時代」の真っ只中に、1927年頃に書かれました。

Rue Saint-Rusticは、聖ディオニュジウスと共に仕えた祭司の一人にちなんで名付けられました。聖ルシティクは聖ディオニュジウスのように、聖なる丘で殉教しました。この地域の多くの通りのように、Saint-Roustik通りはかつては丘の上に続く曲がりくねった道で、ここではSacréCoeur大聖堂の白いドームがモンマルトルだけでなくパリの至る所に上がっています。この教会は比較的「若い」ものです – それはフランコプロイセン戦争の出来事の後、1876年にだけ建てられ始めました。サクレクール寺院の建設は1914年に完了し、奉献は1919年10月にのみ行われました。



サクレクール寺院とサンラスティック通り – Maurice Utrillo