人間性の超越的な部分は、常にそれ自身の永遠の源を探すことを目的としており、必然的に目に見える現実について疑問を抱いています。知覚条件付き錯覚環境は勉強し、克服する必要があります… それ自身の不条理とパラドックスによるシュルレアリスムは目に見える現実の信頼性を破壊します