ゲッセマネの園での祈り – コレッジョ(Antonio Allegri)

ゲッセマネの園での祈り   コレッジョ(Antonio Allegri)

コレッジョの作品における光の役割を過大評価することは不可能です。芸術家は常に照明、光と影の対比を非常に重視してきました。例えば、「ジュディス」の初期の作品では、メイドが彼女の手の中に置いているトーチからの「衝動的な」光は、すべてが夜の覆いの下で秘密に起こることを強調しています。

絵画「ゲッセマネの園での祈り」では、1528年の光も非常に重要です。しかしここでは、一方ではキリストの頭から、そしてもう一方からは彼の上に舞い上がる天使から来る神の光について話しています。この光は暗闇から白い服を着た救い主の姿を奪い、絵の奥に見られる眠っている使徒の姿を表しています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ゲッセマネの園での祈り – コレッジョ(Antonio Allegri)