グランドパレス – Friedrich Hartmann Barisienの眺め

グランドパレス   Friedrich Hartmann Barisienの眺め

大きいTsarskoye Selo宮殿は教会からF. Barizienによって描写されます、そして、彼女は主人によって特別な注意を払われます:皇后Elizaveta Petrovnaは教会を建てることに大きな関心を示しました:復活の教会は1756年7月30日に奉献され、5つのドーム型でした。皇后は建造者を急いで、仕事の質を確かめるためにツァルスコエ・セロに何度も来た。

Barisienによって作成された絵の構成は非常に壮観です、このキャンバス上の宮殿は記念碑的で重要に見えます、建物のうまくいっている展望:広い中庭に通じる開いたゲートはすぐに注目を集めます。ファサードの奇妙な細部への光と影の遊び、全体的な解決策と構成の容易さと容易さはこの作品にプログラム的な性質を与えます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

グランドパレス – Friedrich Hartmann Barisienの眺め