グランケーンのOc du Cape – Georges Cerat

グランケーンのOc du Cape   Georges Cerat

グランカンとその周辺は特に絵のようではありませんでした。しゃがんだ建物、港、砂浜のある小さな村が岩に囲まれ、波状のシルエットが海岸の上に広がりました。ベッセンの伸びた牧草地の奥深くにあり、フェンスでくいしばられ、柳やポプラの列に切り込まれています。Port en BesseneとArromanchesに向かって海岸に沿って、道は曲がっていました。もう1人はIsignyへの牧草地を通って導きました。間もなく仕事を始めたセラは、ここの海岸を一周してスケッチをしました。なぜなら、彼自身の入場によって、これらの小さなスケッチは「まず第一に彼に喜びをもたらした」からです。

彼は「グランドザット島の風景」と同じ大きさのいくつかのきれいなキャンバスを彼と一緒に持っていった、しかし彼は後で動かされる動機によって動かされて、ペンキでそれらを描き始めるであろう。海は彼に催眠作用を及ぼす。それは海、この無限の量の水、その表面上でフレアが燃え上がる、それは絶えず戻り、時々croquetonの上に2つの等しくない長方形 – 海と空 – のみを再生する。彼は長い間船を調べています。ある船は満帆の下で航海しています、他の人は干潮の後に起こった浅瀬で凍っています。これらのスケッチでは、まれな例外を除いて、あなたは人間の姿を見ることはありません、彼らは完全な孤独の世界を体現しています。憂鬱と不安に似たものさえも放射する世界。

コロッケは別として、SeruはGrankanに少なくとも5つのキャンバスを書いた。プロットの違いにもかかわらず、彼ら全員は同じ強迫観念を表現しました、どこでも – 潜在的に – 芸術家は要素の同じ組み合わせを使いました、海の広がりと前景の細部の間の同じコントラストは増加しましたそれらの近さ:これらは砂の土手の上に立つ船、あるいは壁と青々とした茂み、あるいはグランカンの他の茂みや通り、あるいは海の上に上がる土製の塚です。彼は全力を尽くしてテーマの開発に注ぎ込んだ。彼は、グランカン – ケープ・デュ・オク周辺の岩の崖の景色に触発されて、多かれ少なかれ明確に写真に反映しようとしている。

彼の邪悪なシルエットは、地平線に触れながら、海の上のキャンバスの視点を支配します。海は無限に見えます。青々とした混沌とした植生が岩を覆い、この絵の中で生命の象徴となっています – まっすぐな地平線、粘り気のある静かな果てしない海とは対照的に、沈黙に囲まれています。そして、これらの新しい作品では、硫黄は彼の技術を磨いていました。彼は純粋な絵の具のキャンバス点線のストロークを置きました。そして、それらの各々はオブジェクトの目に見える色の成分のうちの1つを伝えました。そのパレットには11色があります:3つのメイン、3つの追加と5つの中間色。これらの色をさまざまな比率でしっくいと混ぜ合わせることで、彼はそれぞれの色の正しい色合いを得ることができました。

さらに、ChevrelとOreの本に書かれている指示に従って、彼はクロマチックサークルを作りました。そして、それを使って彼はすぐに異なるトーンに補色の色合いを見つけました。「小皿に塗抹標本を貼る前に、サルファーは長い間箱のふたを覆い、材料と戦って、反射を注意しながら、影と光の比率を評価、比較、斜視、コントラストの評価している。それから太陽のスペクトルの順に並べられた筆先塗料で拾い上げて、芸術家によって発見された謎を最もよく表現するべきである色合いを構成する様々な色要素を得ます。スミアからスミアへの観察からパフォーマンスまで。チカは塗られている」。パフォーマンスは長く、困難で、時間がかかります。その上、手の官能を無視すると、彼女の成功した発見と気まぐれ、すべての彼女の情熱的な衝動。手は知性に服従的に服従する、実行者以外の何ものでもありません。絵を定義するマネは、言った: “目、手” …

硫黄には、「目、心」と言う権利があります。……本能的で、絵画の中で硫黄の手に負えないものは、何もしないということです。さらに、小さな粒子によって使用される粉砕された色の塊自体は、可鍛性があり、もろくて短命の物質であるという本来の性質を失います。それは明確にされ、数学的なサインのように抽象的になり、心に仕える手段に変わる。硫黄は彼の創造に対する芸術家の態度の官能性に関連することができるすべてを避けます。しかし、彼が有機の有機王国に属し、それゆえ生命を分解することによって引き起こされた恐怖は生まれ変わったけれども永遠に生きるが死に運命づけられたのでしょうか?

ケープ・デュ・オックの鉱物の不可避性は、その過酷な力を表し、永遠の夢を象徴する海の上に上がります…パリに戻ると、サルファーは来年の夏に大西洋岸に戻るために床を取ります。彼はそこに行き、「ワークショップで長い仕事をした後、できるだけ正確に自分の目を洗って、そのすべてのニュアンスで生きている光を伝える」ようにします。Grankanでの滞在は芸術家にとって非常に実りあるものであることがわかりました。彼はそこから彼が「Grand Jatteの島で日曜日に」そして「Landscape」でまもなく使う非常にピンポイントなテクニックを持ち帰った。これら二つの絵の仕事を再開して、彼は数ヶ月の間それらに最終的な外観を与えることを試みました。同時に、彼らは川岸に沿って犬を連れて歩いている女性を描いた「クールブワのセーヌ川」と呼ばれるキャンバスを始めました。



グランケーンのOc du Cape – Georges Cerat