グエルチーノ

放蕩息子の帰還 – Gverchino

バロック様式のマスターであるGuercinoは、放蕩息子の福音書寓話を繰り返し語り、この芸術的運動の画家に内在するすべての情熱でそれを解釈しました。 この絵では、彼は家を出て遺産の一部を浪費した息子に戻って喜んでいた父親

ラザロの復活 – Gverchino

グエルチーノは、17世紀前半のボローニャ学派の最も著名な代表の一人です。芸術家はL. カラッチの下で学び、ヴェネツィア、ローマのボローニャで働きました。1642年、G.