クリムト・グスタフ

Judith and Holofernesヘッド – グスタフ・クリムト

ジュディスはユダヤ人の種族を敵から救った女性です。彼女の故郷はアッシリア人に侵略された。彼女を救うために、彼女は彼女の人生を危険にさらさなければならなかった、彼女は彼女の服を着替えて密かに敵の野営地に入った。彼女はとてもかわいかった、そして彼女の敵の司令官は彼女の美しさに抵抗することができなかった。 彼の病棟の夕方に彼は酔っぱらってこの美しい乙女を楽しんだ。そのうちの1日に、彼が眠りにつくとき、ジュディスは頭を切り落とし、勝利を宣言するために誇らしげに彼女の人々に戻りました。多くの画家はこの物語に触発されました。そのうちの1人はGustav

希望II – グスタフ・クリムト

有名な芸術家グスタフ・クリムトは、オーストリア絵画のアールヌーボー様式の創始者の一人です。彼らは芸術の社会「ウィーン分離」を創設しました。そして、それはスタイルの自由を切望した若い芸術家から成りました。脱退主義者たちは彼らの作品のどのジャンルにもこだわらず、彼らの多くがいました。 当時、クリムトは非常に珍しい絵「希望」を作成しましたが、後に彼はそれを複製して「希望II」と呼びました。どちらの絵も似たような象徴性を持っており、それは生と死の存在を示しています。最初の写真とは異なり、新しい写真は少し異なるスタイルで作成されました。

アダムとイブ – グスタフ・クリムト

グスタフ・クリムトはオーストリアでアールヌーボー様式を始めたアーティストです。彼の作品のほとんどはこのスタイルに属しています。 彼のキャンバスは非常に明るい色の組み合わせを持っています、絵画の多くは今日までよく認識されています。彼の絵のそれぞれは、それらを考慮するのを長くさせるそれ自身の特徴と詳細を持っています。事実は、クリムトの絵が美と情熱に満ちているということです。

音楽 – グスタフ・クリムト

この絵の作成年 –

ジョセフ・ペンバウアー、ピアニスト、音楽教師 – グスタフ・クリムトの肖像

彼はこの分野で優れた作品をいくつか書いているが、彼のキャリアの初めには、クリムトはあまり肖像画が好きではなかった。しかし、その肖像画は次第に彼の作品の最初の役割に移りました。 これは主に、ウィーン大学のフレスコ画の執行命令の取り消しに至ったスキャンダルの後、クリムトが新たな収入源を探さなければならなかったという事実によるものです。同時に、彼は提案されたモデルに関してかなりうるさいので、常に彼の仕事のためにたくさんのお金を要求しました。

ダナエ – グスタフ・クリムト

エロティックな絵画「ダナエ」は、世界の絵画におけるアールヌーボーの傾向を代表するグスタフ・クリムトによって描かれています。絵画的で歴史的な価値に加えて、キャンバスは、神話的な陰謀の独特の率直な解釈と女性と男性の愛情事の謎についての著者の本当に独創的な見解を持っています。 プロットの英雄としてのダナエとゼウスは、芸術家や作家によって使用されていました。しかし、クリムトは彼のダナエに、精液が散りばめられた金色の飛沫とAcrisiusには知覚されない眠気のある合併とを伴う、巨大ではあるが率直な雨のナレーションを与えた。

悲劇 – グスタフ・クリムト

クリムトは彼の時代の最高の製図者の一人でした。彼はしばしば予備のスケッチと彼の絵のためのスケッチを行いました、しかし、彼の絵の中には多くの独立した作品がありました。クリムトの初期の絵のためにかなり重い伝統的な方法によって特徴付けられます。それから彼は、原則として、石炭とチョークで描きました。 後で、クリムトの絵はより自由でよりエレガントになりました。同時に、技術も変わった

寓話 – グスタフ・クリムト

オーストリアの画家Gustav Klimtは、オーストリアの絵画に近代的なスタイルを賛美し、「紹介する」最初の一人と見なされています。手紙の乾き具合と独創性にもかかわらず、Klimtは女性の身体と女性のエロチカに関連するすべてのものとの特別な関係であるとされています。

キス – グスタフ・クリムト

グスタフ・クリムトの絵画「キス」は、芸術家の作品の「黄金期」に属しています。彼の活動のこの部分は理由から “ゴールド”と呼ばれています。グスタフが絵画のために頻繁に金パレットを使い始めたのは、彼の創造的な開発の後半でした。輝くように、作者は金の粒子で描くだけでなく、金箔のシートも塗りました。発表された作品は文字通りの価値を持っており、それは芸術の重要な要素に興味を持っている人々によってそれに投資されています。

エミリアFlege – グスタフ・クリムトの肖像

彼の作品の1つの期間に、クリムトは日本の彫刻が好きでした、そしてこれは彼のさらなる絵画のスタイルに影響を与えました。東の絵画で使用されていた画家の署名のある絵の縦のフォーマット、平らな要素、小さな正方形に革新が見られます。 エミリアの服は、クリムトの新しいスタイルに特有の、金色の細部がたくさん飾られています。彼女の人生のある期間に、彼女はその当時の多くのウィーンのファッショニスタに人気があったファッションデザイナーでした。エミリーの衣装はちょっと幻想的で宇宙的に見えます。しかし、彼女の体には安心感がないという印象を与える平らなイメージのために、Klimtがこの写真のモデルの装いを発明したと決定することはまだ可能です。