クォーターウシマティ、高輪 – 歌川広重

クォーターウシマティ、高輪   歌川広重

シバタマティ地区の郊外、タカナバの門には、かつて江戸を出入りする人々の荷物をチェックする前哨がありました。頻繁な火事のために、それは廃止されました。タカナバの門を越えて、海沿いには、口語的にはウシマティというクルマタの四分の一がありました。雄牛が活かされたカートの巨大な車輪のイメージは偶然に前景にありません、それはシートの名前に関連付けられています。1634年にゾゼジ寺院が建設されたとき、バクフ政府は京都から来た労働者を牛と一緒に木や石を運ぶために招いた。建設後、彼らはタカナバ門の地域で、江戸に永住することを許されました。

「Takanava」という言葉は「ハイホイール」を意味する象形文字で書かれ、「Usimi」は「ブルクォーター」を意味します。四半期の正式名称はくるまたで、「ワゴン地区」も意味します。広重は湾を見下ろす高輪門に観客を置く。オディバ、政府の命令によって造られた要塞は、一番右側に見えます。海のはるか奥、左側には房総半島の山々が見えます。巨大な虹の弧が灰色の空を横切り、前景のホイールの輪郭を右側に繰り返します。それ以降のエディションでは、黄色に変わります。前景の濃い青の牛は地平線上で明るくなります。濃い赤の空が明るくなり、シートの上端で藍色に変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

クォーターウシマティ、高輪 – 歌川広重