ギャロロマンスの女性 – ローレンスアルマ – タデマ

ギャロロマンスの女性   ローレンスアルマ   タデマ

サー・ローレンス・アルマ=タデマ、神話的および歴史的絵画の達人、情熱的な考古学者。Alma-Tademaは、1836年1月8日にオランダのフリースラント州ドロニップ市で生まれました。才能ある芸術家アルマ・タデマ・ローレンスによる絵画はとても人気があったので、1882年に彼は有名な王立芸術アカデミーの完全な学者の称号を受け、そして1899年に彼は騎士団を与えられました。

アルマ・タデマ・ローレンスが成功したサロン装飾画は、芸術家の生活の中で大成功を収めましたが、1912年の偉大な主人の死後、彼の絵は誰にでも忘れ去られ、彼の名前は数十年間不明瞭になりました。

1960年代になって初めて彼の才能は再び高く評価され、絵画は世界文化のかけがえのない資産として認められました。1865年に彼はローマの服の古代の女性を描いた絵 “ギャロロマンスの女の子”を描いた。ここでもまた、芸術家によって愛されている大理石があり、それは卓越したマスターによってキャンバスに移されました。女性像はとてもリアルで徹底的に書かれているので生きているように見えます。

おそらく私たちは親密なシーンを目撃しており、ヒロインは彼らに無関心ではない人を見ることに情熱を傾けています。



ギャロロマンスの女性 – ローレンスアルマ – タデマ