ギターとバイオリン – パブロ・ピカソ

ギターとバイオリン   パブロ・ピカソ

ロシア、すなわちサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館にあるもう一つの傑作は、世界名 “バイオリンとギター”を持つ傑作です。

その絵は、当時パブロ・ピカソが興味を持っていたキュービズムのスタイルで描かれました。「総合的なキュービズム」 – これは仕事が起因する方向です。キュービズムのこの段階は、コントラストや装飾性を特徴としています。ほとんどの場合、このようにして、静物画、ポスター、絵が描かれます。ここで、主人公は日常の物や楽器です。このトレンドの創始者はBracとPicassoでした。彼らは砂、新聞、ロープ、壁紙のくずなどの非伝統的な素材を自分たちの作品に使用するようになったため、新しい表現手段の探求に非常に熱心でした。

1912年から1913年の間に、ピカソは主な登場人物が楽器だった作品をいくつも生み出しましたが、最も有名なのは「ヴァイオリンとギター」です。

絵の空間は、互いにつながって相互に浸透する多くの平らな要素に切り分けられています。パターン、指板、バイオリンの「エッセイ」、壁紙の一片、テーブルの断片、ガラスのかすかな知覚のヒント、そして静物は散乱した要素の混乱から生まれます何か音楽的な印象。

他の複雑な作品と同様に、この絵も自分の理解や態度に応じてさまざまな方法で解釈されます。楽器の魂、有形で響きのあるものを見ている人もいれば、それをもっと知りたい人もいます – 誰かの人生の断片、おそらくミュージシャン、あるいは普通のカフェやキャバレーの一種のイラスト。

落ち着いた色の組み合わせはフォームの認識を妨げません。そして構築された構造は説得力があり大胆に聞こえるプロットを生み出します。

キュービズムとピカソ自身をめぐる多くの論争を見ていない、賛美すること、あるいは逆に厄介な批判は、この頃は芸術家の生活は劇的に上り坂になりました。



ギターとバイオリン – パブロ・ピカソ