キーファー島巡礼 – ジャンアントワーヌヴァトー

キーファー島巡礼   ジャンアントワーヌヴァトー

この非常にエレガントな絵画ヴァトーは、1717年に王立絵画彫刻アカデミーの正会員として彼の選挙で学者の陪審員に贈呈しました。キャンバスの名前で表示されているキーファー島はキプロス、愛の女神、アフロディーテの発祥の地であることを私達は読者に思い出させます。

したがって、キーファーへの巡礼は18世紀のフランス人のための非常に透明な寓意のためのものでした。「キーファー島への巡礼」 – 実際、ほとんどのヴァトーの作品のように、物語の絵よりもカスタマイズされています。

タイトルから、著者は私たちに「愛の休日」を見せたいと思うと結論付けることができます。しかし、違います。むしろ、すべてのambrosiaが食べられ、蜜が飲まれるとき、休日の終わり。一過性の感覚と幸福の脆弱さは、風景の秋、夕暮れの透明度によって強調されています。

アントワーヌ・バットはしばしば絵の陰謀と気分に関連した彼の作曲像に含まれています。「キーファー島への巡礼」では、金星の像は木陰に隠れています。女神の石造りの体と絡み合っているピンク色の花のおかげで彼女に感謝します。女神の像のふもとにはピンクのリボンの矢筒が付いています。これは、金星の遊び心のある息子、キューピッドの存在のサインです。ピンク色に関しては、ヴィトーのピンク色の花から、女性の岬、そして私たちに背を向けている紳士の明るいピンクのキャミソールを通って、島の上空に舞い上がるパッティまで、ヴァトーはそれを散らします。

ヴァトーはいつも素早く仕事をし、そしてあまりにも早く塗料をあまりにも頻繁に適用しました。そして、それは時々しみとゆがみをもたらしました。しかし、この場合、マスターが葉の質感を見事に伝えるのを助けたのはこの急ぎでした – それは絵の表面に残されたブラシの跡のおかげでより表現力豊かになるだけです。ペンキは「ウェットオンウェット」技術を使用して薄い、ほぼ透明な層に塗布され、茶色の色合いが緑色を覗いていて、間違いなく絵の色調範囲が豊かになっています。同じように、葉はThomas Gainsboroughによって書かれました。そして、彼はヴァトーの才能を高く評価しました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

キーファー島巡礼 – ジャンアントワーヌヴァトー