キーファー島に到着 – Jean Antoine Watteau

キーファー島に到着   Jean Antoine Watteau

フランスの芸術家アントワーヌ・ヴァトーによる絵画「キーファー島に到着」。絵の大きさは129 x 194 cm、キャンバスに油彩。1年前に作成された、もう1つの非常によく似たヴァトー絵画「キーファー島への巡礼」が現在ルーブル美術館に保管されています。緑の木々、ふくよかなキューピッド、恋人たちのカップル、豪華なシルクのドレスは、この写真の華やかなシーンに希少な優雅さを与えます。花輪で飾られたキューピッドの金星像は、ここに描かれたのどかな世界が愛の探求に関連していることを意味します。

絵にはエロティックなエピソードはありませんが、それは間違いなく官能に恵まれています。しかし、ヴァトーではよくあることですが、絵の魅力的な軽薄さはほんの少しの憂鬱によって曇っています – まるで喜びの過渡期をほのめかしているかのように、中央の女性像は後悔して振り返っています。絵画 “キーファー島への巡礼”のためにヴァトーはフランスアカデミーの一員として受け入れられた。この美しいWatteaux elegyは、衝突や行動ではなく、微妙なムード、一般的な詩的で感情的な雰囲気の上に構築されています。

絵画「キフェル島に到着」と「キーファー島への巡礼」の構図は安定性に欠けています – 英雄は集団で絵画に突入し、それから対になって分散し、それから突然身振りまたは表情で鑑賞者に向きを変えます。登場人物は「目に見える」音楽に従っているように見えます – 波の中の立ち上がりと立ち下がりの線は、行列全体を結びつけ、カップルのダンスの動き、一時停止、色の斑点の交替によって可聴メロディーの感覚を生み出します。ヴァトーは創作者であり、ロココ様式の典型である勇敢な祭りの牧歌的なジャンルの最も鮮やかな代表者でした。

芸術家は彼の作品に決定的な影響を与えたルーベンスの作品を常に賞賛しました。ヴァトーの洗練された優雅さは純粋に彼の芸術のフランスの資質と見なすことができます。



キーファー島に到着 – Jean Antoine Watteau