キリストを祝福 – Antonello da Messina

キリストを祝福   Antonello da Messina

Antonello da Messina – 初期ルネサンス期のイタリア絵画学校の明るい代表。マスターの成熟した仕事はイタリアとオランダの要素の融合です。キリストを祝福するというイメージは、「救世主ムプディ」の定義を受けた図像タイプの一種です。

キリストは権力なしに描かれ、権力の象徴であり、冠されていません。彼の広範な視線と祝福のジェスチャーは注目を集める。フレームの上に上げた手は、はっきりとした透視図で書かれています。彼女は彼女が絵の面の後ろに立っているように見えて、彼女の前に立っている視聴者に直接向けられているという錯覚で彼女の同時代の人たちを驚かせるはずでした。

よく見ると、絵のレイヤーの一部が消えているのがわかります。その下には、手の初期位置が少し違って見えます。注目に値するのは、1〜20年後にHans Memlingが同様の画像を2回作成することです。これは、オランダ人のマスターがイタリアの同時代人に影響を与えただけでなく、その逆もまた同様であることを証明しています。



キリストを祝福 – Antonello da Messina