キューピッドトレーニング – Francois Boucher

キューピッドトレーニング   Francois Boucher

フランスの画家フランソワ・ブーシェによる絵画「キューピッドを学ぶ」。絵の大きさは118 x 134 cm、キャンバスに油彩。キューピッド – 古代ローマ人とギリシャ人の間では、愛の神、特別な世界の神として、愛と生命の継続の結婚によって神と人々を結びつけることとして、そして不可分の衛星と金星のヘルパーとして理解されています。

古代では、キューピッドはカオスと太陽の産物と考えられていました。古代ギリシャの作家はまた、キューピッドの父天王星、クロノス、オルフェウスと他の神々と呼ばれる。後の神話制作では、キューピッドの両親は金星と火星と見なされます。



キューピッドトレーニング – Francois Boucher