キューピッドと馬のいる金星と火星 – パオロ・ヴェロネーゼ

キューピッドと馬のいる金星と火星   パオロ・ヴェロネーゼ

16世紀の終わりに、世俗的なキャンバスはヨーロッパの君主の裁判所で大きな需要になり始めました。

ヴェロネーゼが熱心なカトリック教徒と教会の公式教義のスポークスマンにならなかった限り、彼はそのような多くの絵を書くことに成功した。その鮮やかな例は、ルドルフ2世に属していた作品のサイクルです。このサイクルで最もよく知られているのは、「キューピッドで結ばれた金星と火星」と「交差点でのヘラクレス」の2つのキャンバスです。

後者の主人公はヘラクレスで、強さと勇気を象徴しています。主人公は悪の道と美徳の道の間で選択をしなければなりません。いつものように、副と美徳は女性像の形で提示されます。この場合の道徳的闘争の結果は予め決定されているようです – ヘラクレスは徳の腕の中で副から逃げます。

ヴェロネーゼの遺産には、「寓意的に修整する」財産の絵画の他に、「地上の喜び」に捧げられた作品もあります。その主人公は、原則として、愛と美の女神である金星です。たとえば、「金星と火星とキューピッドと馬」の絵です。



キューピッドと馬のいる金星と火星 – パオロ・ヴェロネーゼ