カール・ヨハンス門の春の日 – エドヴァルド・ムンク

カール・ヨハンス門の春の日   エドヴァルド・ムンク

アーティストのノルウェー滞在中に1890年に書かれたエドワード・ムンク「カール・ヨハンの路上での春の日」の作品は反対側からの彼の作品を示しています。写真は印象派の影響を明確に示しています。

絵はそのすべての点から発せられる光で透過されます。芸術家は特別なスタイルの描画のおかげでこの効果を達成しました:ペンキは別々の明確なストロークで適用されました – ドットまたはストローク。印象派は絵を書くスタイルですが、作曲はしません。

キャンバスに描かれた芸術家は、ノルウェーの首都カールジョアンゲート、カールジョアンストリート、そして最も多様な人々の散歩に人気の場所の主要な通り道を描きました。写真は、背景に描かれた王宮から前景の右側に表示されているGrand Hotelまで、大通り全体を表しています。

屋根の紺色の線が歩行者を彷彿とさせ、2本の平行な遠近直線を形成します。構成の中心部分の主な要素は、視聴者に背を向けて、赤い傘を持つ女性です。ムンクが女性を描いた対照的な色は、一般的な計画とシーンの雰囲気から彼女を区別します。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

カール・ヨハンス門の春の日 – エドヴァルド・ムンク