カンパニアのゲーテ – Johann Tischbein

カンパニアのゲーテ   Johann Tischbein

彼の友人ヨハンハインリッヒヴィルヘルムティシュベインの家を訪問していたとき、肖像画は詩人の有名なイタリアの旅の間にローマで描かれました。

古代遺跡に囲まれた壮大なイタリアの風景を背景に、イフィゲニアの犠牲を描いた浮彫りの隣には、偉大な詩人が一種の理想的な創造者として現れていますが、その姿は驚くほど自然なままです。マスターはインスピレーションが彼のヒーローを外部でさえも変える瞬間をつかむことができました。



カンパニアのゲーテ – Johann Tischbein