カンヌの結婚 – Gerard David

カンヌの結婚   Gerard David

彼の作品では、ジェラルドダビデは初期オランダルネサンスの巨匠の伝統を続けました。彼の作品は鮮やかな技術革新によって区別されていませんでした、彼の作品ではアーティストはオランダの芸術で発展してきた図像的な計画に従いました。

同時に、ダビデの作品は、その柔らかさと絵画的な様式の豊かさ、そして光の伝達における技能によって際立っています。彼の絵は詩的ですが、作成された画像は冷たさ、外的感情の欠如、強調された分離との強い印象、そして風景の背景の助けを借りて芸術家によって強調された強烈さによって区別されます。これが彼の作品に対する典型的な作品である – “Cannes in Cannes”。

ダビデの人生についてはほとんど知られていません。彼の名前は、ブルームの街の文書に記載されています。そこでは、アーティストはG. Memlingの死後、画家の間で主導的な地位を占めました。1515年に主人はアントワープの画家ギルドに加わりました、しかし後で彼はブルージュで再び働きました。デイビッドは大きな工房を率いた。

彼のリーダーシップの下、多くの学生が彼の作品のコピーと繰り返しを行いました。他の有名な作品:「キリストの洗礼」。ヤンデサンダーの祭壇。シティアートギャラリー、ブルージュ。「カンビズ裁判所」1498.シティアートギャラリー、ブルージュ。



カンヌの結婚 – Gerard David