カルピオ伯爵夫人、ソラナ侯爵夫人 – Francisco de Goyaの肖像

カルピオ伯爵夫人、ソラナ侯爵夫人   Francisco de Goyaの肖像

18世紀の80年代初頭に書かれた「カルピオ伯爵夫人、マルキーズ・ド・ラ・ソラナの肖像」。女性像はより明るい背景のドレスの暗いシルエットによって伝えられて、そして薄い白いスカーフのほとんど風通しの良い環境に囲まれています。この感覚は、女性の黒髪の柔らかい淡いピンクの弓によって強調されています。彼女の顔はあまりきれいではありませんが、意義を引き付けます。

しっかりした表情、しっかりと圧縮された唇、頭の誇らしげな着地は、ある種の傲慢さとオーニングの傲慢さを物語っています。肖像画の構図解は非常に単純です。

キャンバスの真ん中には、黒い服を着た女性像が立っています。これは、主人公の特徴と言葉で言い換えることができないとらえどころのない色合いの両方を伝えることを可能にします。視聴者の色域のすべての外部的な制約によって、画像の色の豊かさの感覚を残すことはありません。この肖像画は1952年にルーブル美術館のために購入されました。



カルピオ伯爵夫人、ソラナ侯爵夫人 – Francisco de Goyaの肖像