カフェ「Frisky Rabbit」 – Maurice Utrillo

カフェ「Frisky Rabbit」   Maurice Utrillo

ユトリロの芸術の後期は、1930年代から1955年の芸術家の死までの間に決定されています。近年、彼はモンマルトルではなくパリ近郊に​​住んでいたという事実にもかかわらず、彼の絵画のプロットは同じままでした。

ユトリロは、子供の頃から知っていた大都市の通りを自分の記憶とはがきに頼って書き続けました。彼は明確な線と、柔らかく書かれた細部、自由な構成、そして時にはある種の暴動の色さえも鮮やかな色を組み合わせました。この時期の典型的な作品は、カリフォルニア州サノアのミルです。1947年と特に “ムーラン・ド・ラ・ガレット、モンマルトル”、約。1951年

研究の徹底については、当時の彼のキャンバスはすべて非常に異なっています。魅力的な “Cafe Slap Rabbit”が細心の注意を払って書き出している場合、他のケースではUtrilloはかなり気軽に仕事をしました。



カフェ「Frisky Rabbit」 – Maurice Utrillo