カナリア・オブ・ガリリー – ジョット

カナリア・オブ・ガリリー   ジョット

ヨハネの福音書は、カナでの結婚披露宴の間にキリストがどのように水をワインに変えたかを語っています。Giottoのフレスコ画は、このプロットの図像をかなり発展させたものです。彼女のマルチフィギュア作曲は、いくつかのプロットエピソードを組み合わせたものです。

彼らの視覚的認識の順序は全体として福音の出来事の進行と一致しており、私たちの注意を左側に座っているキリストの姿から反対側の祭りの管理者に向けています。しかし同時に、出来事自体は加速されたペースで行われているかのように起こります。キリストは水差しに注がれている水を祝福し、そして管理人はすでにワインを味わっています。物語の織物がそのように「厚くなる」ことによって、芸術家は自分の内なる霊的な意味のデモンストレーションと組み合わせて描かれた画像の完全な意味の明瞭さの印象を達成することができます。

ジオットと同じように、絵の中の崇高さは日常と密接に関係しています。たくさんの興味深いプロットの詳細は、このシーンにほとんどジャンルのキャラクターを知らせます:我々は内部の詳細、ごちそうと使用人のイメージ、彼らの顔と衣装を興味深く見ます。宴会場での文字の並び順に注意してください。

確立された伝統に従って、キリストはテーブルの端の左側に位置しています。彼のそばに花婿と使徒ペテロが座っています。しかし、作曲アンサンブルの矛盾を避けようとして、Giottoは自分たちの姿とある種の釣り合いを取ります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

カナリア・オブ・ガリリー – ジョット