オーロラホール – ジョバンニ・フランチェスコ・バルビエリ・グベルキーノ

オーロラホール   ジョバンニ・フランチェスコ・バルビエリ・グベルキーノ

グエルチーノは1621年から1623年までローマに住んでいました。この期間中、彼は教皇の甥であるルドヴィージ枢機卿によって委託されたヴィラルドヴィージの2階の天井のフレスコ画を含むいくつかの注目すべき作品を生み出しました。

ロビーの天井にはフレスコ画のオーロラが飾られており、そこには芸術家の巧妙な建築的「トリック」が絵を囲み、開いた空の効果を生み出しています。彼女の魔法の戦車で朝の空を横切って急いで、Auroraは花を散乱させて、彼女の年配の共同体Tetonの凝視の下で暗い夜の雲を散乱させます。



オーロラホール – ジョバンニ・フランチェスコ・バルビエリ・グベルキーノ