オールドダッドレイン – マックスエルンスト

オールドダッドレイン   マックスエルンスト

1953年に、エルンストはライン渓谷を旅しました。その結果がこの絵でした。彼女の例では、第二次世界大戦後に芸術家の態度と世界観にどのような変化が起こったのかがはっきりと見て取れます。

この時期には、風景と宇宙の抽象化がエルンストの創造性の主な動機となりました。芸術家のパレットは1950年代にはるかに明るくなり、そして同時に彼の作品の質感はより豊かでそしてより抑制されています。



オールドダッドレイン – マックスエルンスト