オークの下の聖家族 – ラファエル・サンティ

オークの下の聖家族   ラファエル・サンティ

ラファエル・サンティのワークショップ「オークの下の聖家族」による絵画。写真のサイズは144 x 110 cm、木、油です。芸術家は洗礼者ヨハネと聖家族の古典的なバージョンを描写します。ラファエルの最新のイーゼル作品は彼の作品に現れている危機の兆候を伝えています。落ち着いたハーモニックなイメージの達人、ラファエルは異常に有機的に芸術の古典舞台の精神を表現しました。

高いルネッサンス。しかしながら、この技術では劇的な要素の成長のゆるやかではあるが着実な過程、急激な対立の出現があり、その具体化はラファエルの技術によってある限界までしか可能ではなかった。ここでの一種のフロンティアはシスティーナマドンナでした。この方向へのさらなる道は、画像の全体構造のより決定的な変化を必要としました。

そのイメージが常に深いドラマの特徴を持っているミケランジェロにとって、新しい方法への移行は自然で自然でした。一方、ラファエルは、彼の既存の想像力豊かなシステムに頼って、新しい問題を解決しようとしていました。そのため、「キャリー・ザ・クロス」のような人為的にドラマ化された画像、または「オークの下の聖家族」のようなすでに学術のヒントがある作品がありました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

オークの下の聖家族 – ラファエル・サンティ