オンフルールの港 – Georges Cephre

オンフルールの港   Georges Cephre

昨年のように、サルファーはノーマンの海岸でしばらく時間を過ごすでしょう。6月20日日曜日に、彼はオンフルールに向けて出発しました、それについて彼はそれらの場所の原住民であるアンリ・ド・レーニエによって言われたかもしれません。

世紀の初め以来、オンフルールは芸術家を魅了しました、彼らはセーヌ川の河口で開かれた眺めに魅了されました。Corot、Diaz、Courbet、Arpigny、Trouillon、Daubignyの名前は、 “Norman Barbizon”と呼ばれるTrouvilleへ続く道路沿いの斜面の真ん中に位置するSaint-Simeonの町の宿屋に名声をもたらしました。オンフルールでは、特に、印象派の「楽しい前任者」であるヨンキンドが、シニャックの言葉で働いた。別の偉大な前任者、ここで生まれたBudyon、その「器用さは何百ものパステル画スケッチの海岸でそして澄んだ空の下で」Baudelaireを称賛しました。モネ、シスレー、バジルもここに描かれています。「ここの場所は楽園です」と、1864年の夏にモネが彼と一緒にオンフルールに運んだ、バジルを書きました。 – そのような太い牧草地やそのような美しい木は、他には見られないでしょう。牛は至る所で歩き回り、野生の馬は戯れます。海、それどころか信じられないほど広いセーヌ川は、緑の巨大な塊のための素晴らしい地平線です… “

旧港、聖総督の邸宅であるセントキャサリン教会のあるオンフルールの美しさはよく知られています。硫黄 – 彼はRue de Grasseで物品税官Monsieur Eluenと同居しています – 15 – これらの「観光スポット」に限定されません。彼は堤防や海岸に沿って歩きながら海に向かって歩きます。気圧計は天気の良い日に表示されます。硫黄はスケッチしながら「快適になる」ために作る。

今年彼は昨年の夏よりも積極的にグランカナで働いています。彼はオンフルールからかなりの数のキャンバスを持って行きたいと思っています、そして、彼はそれらを引き受けるのが待ち遠しいです。しかし、彼がいくつかの海兵隊を始めた直後に、障害が生じます。7月上旬には、風が上がり、空は雲で曇ることが多く、硫黄は日陰の変化を観察できません。もう1つの迷惑:桟橋で船で港の角を描き始めたが、船がアンカーから外されたため、8日後にスケッチの段階でキャンバスを離れなければならなかった。喧騒、岸壁に広がる動きは明らかに硫黄の骨の折れる方法には適していません。

これはすべて彼の仕事を妨げますが、それをまったく妨げることはありません。彼は半ダースのキャンバスで始めました:「港への入り口」、「モールの一部」、「セーヌ川の口」、オンフルール病院とその隣の灯台のスケッチ。硫黄はこれらのキャンバスのいずれかに取り組んでおり、以前よりもさらに高い精度で「ポインティング」しています。これらの海岸やマリーナにはシルエットはありません – 入浴者も船員も通行人もありません。ここで唯一の「生きている」生き物は数隻の船 – ヨットまたは蒸気船です。堤防、商店街、灯台、そしてマストのラインは、構成に厳密な幾何学を導入します。そして、それは人々を奪われたこれらの場面の魅力的な特殊性を高めます。

それらは芸術家自身の人生の反映であり、絵画についての永続的な絶え間ない考えを除いて、その流れを妨げるものは何もないようです。硫黄は、おそらく、彼が時折簡潔な手紙を送る1人のSignacと通信します、彼らの目的は「火を続けていくこと」です。”neo”が “tashistami”と呼ばれる新聞のメモを読むと、ときどき彼の顔に笑顔が現れます。「私たちは再び光から酔いしれます、これは慰めです」と、彼はSignacへの彼の手紙のうちの1つを終えます。

8月上旬に、彼はオンフルールでの仕事のまとめをします。彼のキャンバスのどれもまだ完成していません、彼がもはや戻ってこない「ハーバーコーナー」を除いて、1つのものだけが「満足のいく」ものではありません。。パリへの帰国後、サルファーは彼らに数週間、さらにはワークショップで数ヶ月もの時間をかけて彼の作品を完成させるでしょう。オンフルールを去る前に、彼は再び桟橋で船のテーマに戻り、係留された汽船「マリア」を描くでしょう。

8月13日の金曜日の夜、「私、こんなに迷信があって、本当にラッキーだよ」 – 彼はパリに向けて出発します。そこでは1週間のうちに2回目のインディペンデント展が開かれます。これは8月20日から9月21日まで続きます。



オンフルールの港 – Georges Cephre