オデマテ地区の布製品店 – 歌川広重

オデマテ地区の布製品店   歌川広重

オダマート地区は、岡海道で最初の道の駅でした。1594年、千住橋の建設後、おでゅまたの必要性がなくなりました。絹を中心とした卸売衣料品店がここに現れ、貿易が発展し始めました。1738年に、京都に本拠を置く大手商社アイマーの店がオープンしました。同社の商標では、広重は左側のカーテンに描かれています。

マスターTorahが率いる行列は、四半期の通りを歩いています。彼らは建物の尾根の設置後に行われたdze-tosiki式から戻ってきています。マスターには個人的な紋章付きの羽織の儀式用の岬があり、頭にはえぼしの儀式用の帽子があります。彼は彼の手に儀式用のポールを持っています、その上には紙剛平と3つの留められたファンがあります。

古代では、建物を敷設するとき、女の子は犠牲にされました、クレストとシニョンは象徴的な代用品になりました。彫刻は都市景観を描いたシリーズの中で数少ないです。その後の印刷オプションでは、前景の背景の緑色の陰影が消え、右側の文字の着物が黒くなります。左側ののれん幕の青い色も黒に変わります。カルトゥーシュの色は赤からこげ茶への複雑な移行を獲得する。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

絵の説明と意味 オデマテ地区の布製品店 – 歌川広重