エレナフォーマンと息子とのセルフポートレート – Peter Rubens

エレナフォーマンと息子とのセルフポートレート   Peter Rubens

16世紀のフランドル絵画の成功を背景に。ルーベンスの芸術は、ヨーロッパ全土を感染させた無制限の陽気さの本当の爆発のようでした。1630年、53歳の時、芸術家は17歳のヘレン・フォーマンと結婚し、村に住むようになりました。それ以来、彼の絵のような言語は、彼の妻と子供たちの肖像画の中で最も完全に表現されている、新しい官能的な叙情主義で豊かにされてきました。

ここでルーベンスは、彼が無限の優しさで、そして少しピーターパウエルで見ている若い妻の隣に描かれています。その写真は「自己認識」しているように思われ、さらに明白な落ち着きと愛の雰囲気が顔から発せられ、意図的な仕草をすることをほとんど意図していません。家族は象徴的な細部でいっぱいの魅力的な庭園を背景に描かれています:エレナの背後にあるバラの茂みは愛情に関連し、オウムはマリアの母性の象徴です。一方左側のcaryatidsと噴水は生殖能力の直接の寓意です。

色の明るさと数字のリラックスした自然さのために、この作品はルーベンスの傑作の1つと考えられています。柔らかく軽い筆で書かれたバラは間違いなく愛の象徴です。古代から、バラは金星の神聖な花でした。彼女の花びらは彼女の最愛のアドニスを追い求めて、ある日、彼女の指をバラのとげに対して傷つけ、そして彼女を彼女の血で着色するまで、彼女の花びらは白であったという伝説があった。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

エレナフォーマンと息子とのセルフポートレート – Peter Rubens