エルバ島からナポレオンの帰還 – ヴァシリーイワノビッチシュテルンベルク

エルバ島からナポレオンの帰還   ヴァシリーイワノビッチシュテルンベルク

写真は2つのエピソードが組み合わさったように見えます:5番目の連隊の大隊のラミュールでのナポレオン側への移行、それから帝国のワシを保持していたラベドゥエールの指揮の下での7番目のリニア。左の絵には、大佐Labeduierが帽子と裸のサーベルを持って描かれています。

StendalがLabeduierについて次のように書いている。「すぐに、若い大佐自身が彼の連隊の大部分の先頭にいた。7番目の歩兵は、112番目の連隊の名残とその他の部分から形成された。

彼の部隊と大佐は密かに午後4時にグルノーブルを去った。街から少し離れたところで、彼は自分のポケットから鷲を取り出し、それを長い柱に取り付け、連隊の前で彼にキスをしました。それから彼はナイフで三色のオカメでいっぱいのドラムを蹴り、すぐに彼の兵士たちにそれらを配りました。」



エルバ島からナポレオンの帰還 – ヴァシリーイワノビッチシュテルンベルク