エスシバラの四分の一夜明け – 歌川広重

エスシバラの四分の一夜明け   歌川広重

売春宿が置かれていた地区は1617年に創立され、Esivaraと呼ばれていました。しかしすぐに元の象形文字は全く同じに聞こえた「陽気な分野」と取り替えられた。彼は堀に囲まれ、高い木の塀に囲まれていました。1657年の伝説的な火事は日本橋近くのすべての入植地を破壊し、Esivar地区は新しい場所、浅草に移されました。

娯楽の場所の新しい宿泊施設の地区は「Sin Esivara」として知られるようになりました。シリーズの作成時までに、Esivaraは日本の最も高価で面白い地区と考えられていました。中央通りはナカノテと呼ばれていました、それは広重によって彼の彫刻のために夜明け前の時間を選ぶことによって描かれました。光はまだ燃えていますが、空はすでに明るくなっています。メイドを伴った礼儀正しさが、ゲストをOmonの門まで案内しました – これらは、夜に施錠されていた、当四半期の主要な門です。

夕暮れの前景に – さくらの花木。後期バージョンの彫刻の色は、初期のものと比べて多少変更されています。やや明るいのは紫色の昇る太陽の輝きで、夜明け前の空の帯はより広く、夜の空とのコントラスト、黒はよりはっきりしています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

エスシバラの四分の一夜明け – 歌川広重