エコー – ジャクソンポロック

エコー   ジャクソンポロック

1951年、ポロックは純粋な形の「ドリップテクノロジー」の可能性は尽きたと考えました。自己繰り返しを恐れて、彼はシュルレアリスムの経験を参照して、純粋な抽象化を放棄することを決めました。

実際、ポロックのこのステップは完全に進化論的で自然なものでした – それは「ドリップレター」との別れにはつながりませんでした。新しい文脈では、ポロックは彼によって発明された技術の枠組みの中で働き続けました、それを必ずしもアップグレードしただけでした。

芸術家はワークショップの床にキャンバスを敷き詰め、それから自分自身をトランスに「置いて」、キャンバスに直接振りかけるか、スティックやブラシを使ってキャンバスにペンキを塗ります。ペンキの流れをより自信を持ってコントロールするために、ポロックはスクープを使い始めました。リー・クラスナーによれば、彼は「巨大な自動ペン」のように扱いました。

それ以来、アーティストは自分のパレットを可能な限り制限してきたので、彼の作品のこの期間は「白黒」と呼ばれます。当初、白黒の絵画はかなりクールに一般大衆から迎えられましたが、後に評論家は最上級でそれらに反応し始めました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

エコー – ジャクソンポロック