ウカティの秋葉の聖域 – 歌川広重

ウカティの秋葉の聖域   歌川広重

広重は、Uketimuraの村のアキバdyongongsya聖域の領土を描写しました。それは1702年にホンダライムからの寄付で建てられました。聖域は火の神アキバ – ジアゴンに捧げられました。聖域 – Sinden – の本館には、この神の像が設置され、火を防いでいました。シンデンの西には広重が描いた絵のような池がありました。

これらの場所は市民にとって人気のある休暇の目的地でした。一年中、彼らは自分たちのやり方できれいでした。春には、ここに、夏にはツツジとアイリスが咲きました。秋には、もみじの緋色と黄色の葉がありました。聖域の門の前には、鯉料理で有名なレストランがたくさんありました。最も有名なのは “Aysiti”と “Mussassia”でした。これらのレストランの1つが左下隅に描かれています、坊主頭の僧侶は彼のポーチに座っていて、スケッチを作ります。おそらくこれは広重の自画像です。この彫刻の創作の1年前に彼は修道士になったことが知られています;また、自然から作られたスケッチが付いている多くのヒロシゲアルバムがあります。

遅い彫刻では、カエデの赤い葉の色は色の豊かさをほとんど変えず、そして作者の計画にほぼ一致しました。他の染料は早い葉で使用され、そして時間とともにそれらの分解は起こった。



ウカティの秋葉の聖域 – 歌川広重