ウェーブ – アドルフブーゲロ

ウェーブ   アドルフブーゲロ

「波」 – 裸体の明るいプレゼンテーション。絵は芸術の世界についての他の見解 – 学術主義の発展の時代に書かれました – 合理主義と作家自身の官能性の基本的な基準を満たしています。自然と若い女性の2人のキャラクターが参加する完璧なキャンバス完成品です。

水の無生物の「生きている」要素と女の子の暖かい震える体のユニークな共生は冷たい色で描かれています。自然を巧みに描くというブーゲロの特徴は、写真の正確さで「波」を率直に与えました。遊び心のある笑顔と人間の性質にぴったりのプロポーションを持つ彼の女性は、人生から切り捨てられているようです。

しかし、そうかもしれません。ヒロインの興味深い展望 誰かに歓迎されているかのように、少女は青い波の帯で凍りついて、ほんの数秒後を振り返った。ほんの少し前の彼女の注意は要素のゲームにリベットで留められました、そして、彼女の体は冷たい波を見越して開いて飛ばされました。芸術家の技は女性の唇にちょっとした衝撃を与えました。これは古典的な絵画学校に特有のものではありません。

芸術家といちゃつく、彼女は世代から世代へと人類の残りの部分といちゃつく。人を書くためにアドルフブーゲロの才能にもかかわらず、彼の要素は劣らず才能です。ひっくり返った波、濡れた砂のある岸、地平線上の今後の一連の尾根が本物です。ミニマリズムと純粋な質感でキャンバスをキャプチャします。バロック調のシーンでは一般的だった「余分な」天使たち、アクセサリー、追加のキャラクター、矢印、炎がないため、プロットの認識が簡単になります。Bougheroは光を見事に演じています。

キャンバスは紺碧の色とアクアマリンで朝の涼しい風を与えます。寒いです。唯一の「しかし」邪魔な表情。波のダイナミクス、突風、青い櫛の密度が女性の髪の毛を波立たせたいという気持ちを呼び起こします。彼らは蜘蛛の巣のように空気の流れの中で戦わなければなりませんでした。しかし、作者は風力エネルギーと巻き毛の栗の衝撃をあえてしませんでした。彼は彼女に体重をかけ、それによって一時的にそよ風の方向からヒロインを「引き抜いた」。



ウェーブ – アドルフブーゲロ