ウェイクミル – Jacob van Ruisdal

ウェイクミル   Jacob van Ruisdal

「ウェイクミル」は、オランダがその国のシンボルを考慮している上位3つの絵画の中にしっかりとあります。Reisdalの写真はユトレヒトの南東数マイルにある小さな町Wakeを捉えています。

この町ではまだ古い風車を見ることができます。それは「非常に」工場に似ているという考えであなた自身を面白くすることさえできますが、残念ながら、財団の遺跡だけが「同じ」工場に残っていました。驚いたことに、Reisdalはめったに風車を書いていません。そしてこれは彼らがオランダの「商標」であったという事実にもかかわらずです。

細心の注意を払った研究者たちは、Reisdalが風車を15回だけ描いたと推定しました、そして、彼は彼のキャリアの初めにこれらの絵のほとんどを作成しました。しかし、マスターはすでに成熟した年齢で、彼の最高のミル「ウェイクインミル」を書きました。この絵の構成はRuysdaelの典型的な方法で維持されています。彼が選んだローアングルは工場や他の建物の外形をややぼやけさせ、これから灰色の雲で覆われた不愉快な空に溶け込みそうです。



ウェイクミル – Jacob van Ruisdal