インサイト – ルネ・マグリット

インサイト   ルネ・マグリット

マグリットルネはシュルレアリスムのスタイルで彼の作品を書いたが、それでもすべての作品には深い哲学的意味とリアリズムの一部があります。一見すると「インサイト」という作品は普通の、そして原始的でさえあるように見えますが、それはアーティストのすべての絵画と同じスタイルで作られています。

キャンバス自伝、芸術家は仕事で自分自身を表示しました。男はイーゼルに座っています、一方で彼はブラシを持っています、そしてもう一方でパレット。

芸術家は仕事に集中しています。図は鳥のほぼ完成したイメージを示しています。男は向きを変え、彼の顔はよく考えられます。画家は卵を見て、鳥を描きます。これが珍しいプロットの意味です。

彼のキャンバスの中の芸術家は彼の周りの世界の個人的な、個人的なビジョンを表示しました。この作品では、マグリットは思考の変容、彼の思考を示しています。この作品は、なぜ彼が周囲の世界の彼の認識のプリズムを通してそれほど普通の物を描写するかを説明します。卵は鳥に変わります、それでも全世界の哲学者たちはいまだに何が原始的だったかについて議論しています。そのような生命の生殖の変化はすべての生命を示しています。

芸術家は存在そのものの本質、その理解における人生を非常に正確に伝えました。この珍しいものを見て、あなたはオリジナルのコンポジションを作成することができます。

画家は、明らかに物の細部をとらえるために横たわっている卵に目を向けました。彼はただ頭の中にイメージを保持するのではなく、彼はそれがフォームと機能を慎重に研究することがちょうど必要である詳細を描きます。

仕事に対するこのような態度と主題の認識は珍しいことで、絵画に対するマスターの個々のアプローチについて語っています。部屋の中での状況は最も普通で、余分なものは何もありません、アーティストは仕事に集中しています、彼をそらすものは何もありません。

Magritteは、絵のような傑作を作成するために豪華な装飾を整理する必要がないことを示します、そして、ある雰囲気。



インサイト – ルネ・マグリット