アントニオ・カナレット – サンマルコ大聖堂の眺め

アントニオ・カナレット   サンマルコ大聖堂の眺め

この広場はヴェネツィアの中心地です。その外観は、サンマルコ大聖堂とドゥカーレ宮殿によって形成されています。何世紀にもわたり、すべての厳粛な出来事が繰り広げられました。ビジネスライフは広場で急増していました、それはベネチアと街への訪問者のためのお気に入りの散歩場でした。

子供たちは日当たりの良い石で騒々しく遊んでいました、そしてそれらの間で、喜びからくるくるくる回って、観光客はヨーロッパ各地から歩き回りました。サンマルコカナレットスクエアは、あらゆる角度、ポイント、方向から無数に書かれています。Veduta「サンマルコ大聖堂の眺め」 – このシリーズの鮮やかな例。

他の風景では、カナレットは広場の異なる点からの異なる、時には予想外の、角度から同じ建物を描きました。昔、芸術家はサンマルコ広場を下から影のついたアーチを通して「描く」ことを愛し、素晴らしいパノラマを描いていました。

これらの数多くの絵画の中で、芸術家は絵のような調和を模索しながら、地形コピーと意図的な歪みをうまく組み合わせています。多くの場合、彼は2つ以上の「マルチビュー」画像を1つのピースにまとめました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

アントニオ・カナレット – サンマルコ大聖堂の眺め