アルバーノを歩く – Karl Bryullov

アルバーノを歩く   Karl Bryullov

Bryullovを知っていた人々は、彼が「ローマのように世界のどの都市でもそれほど家にいるようには感じなかった」と主張しました。「ローマでは、あなたは普通のものを制作することを恥ずかしく思います」と、イタリアに到着したばかりの若いアーティストが手紙で言った。彼はイタリアで絶え間なく書いた – 彼のイタリアのジャンルのシーンはすべてお祭り気分でいっぱいです。

水彩画は、 “ウォーキングインアルバーノ”のように – 休日はしばしば作品のまさしくその名前に浸透します。しかし日常の場面でさえ、この気分は消えず、窓の中に散りばめられた色のブラブラ、永遠のイタリアの日差し、静けさ、そして生活の安定を示しています。 。Bryullovのローマは素晴らしい芸術、楽しい自然、歴史の息吹です。彼にとっての「ローマ」は「平和」です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

アルバーノを歩く – Karl Bryullov