アラビアの聖母(アラペト、または「ああ、全能のお母さん」)

アラビアの聖母(アラペト、または「ああ、全能のお母さん」)

教会の伝説によると、アイコンはアラビアの使徒トーマスの大臣の間に明らかにされました。聖母の像は独創的な魅力に満ちています。その「モアレ」マフォリアの端は、賛美歌のテキストが賛美する境界線で飾られています。

メアリーの頭は素晴らしい王冠で戴冠しています。

彼女の肩や額には、通常の星の代わりに – 処女のシンボル – – 天使の頭を持つメダリオンが描かれています – 古代のカメオのエコー。アイコンの祭典は9月19日に祝われます。アート



アラビアの聖母(アラペト、または「ああ、全能のお母さん」)